船岡山を船岡温泉側から周ります

 国登録有形文化財の看板及び煙突が見えます。松と大きな岩が美しい

 船岡温泉を後ろに山へ向います

 石段を登り、左に曲がり坂道へと向います。

 少し急な坂に続き階段を上ります。

 

 登りきったところに灯明と船岡山のゆわれを書いた掲示板及び史跡指定石碑があります。 

 登りきったところを左に曲がれば、すぐ建勲神社の階段が見えます

 そのまま右手の建勲神社への階段を登ります。

はい。建勲神社に着きました。

後ろを振り返れば境内と大文字山がくっきりと見えます。元旦の日の出はここから見ると山の麓から昇ってくるのが見えます。

建勲神社本殿を後にして降りて行くと、織田信長が愛唱していた敦盛の一節を刻んだ石碑があります。

石碑を通りこすと建勲神社の由来を記した掲示板が見えます。

建勲神社を後にして、船岡山公園へと向います。

階段を下りると椎の木の老木が見えます。この写真は進行方向の反対から撮っています。

一路船岡山公園へ坂道を登ります。

 登ったところで、今宮神社の方から登る道と交差します。

ようやく船岡山公園の1つの頂上に着きました。ここに京都市の眺望景観ポイントのNO11があります。

はい。頂上に着きました。

山頂から
頂上.avi
ビデオファイル 43.6 MB