2011年

12月

04日

高桐院の庭の紅葉

 一昨日から、家族で紫野しおん庵に泊まっていただいた友人を案内し大徳寺の公開塔頭の一つである高桐院にも入りました。夕刻でもあり、人も思ったより少なく静かに鑑賞することが出来ました。創建した細川三斎や千利休等大徳寺にまつわるお話をしながら、紅葉を楽しむことが出来ました。今年の京都は暖かいせいか、長い期間紅葉を楽しめております。

0 コメント

2011年

11月

21日

虹のアーチがバッチリです

11月21日午後3時前堀川鞍馬口かどの大日本スクリーン本社ビルから舟岡山麓にかけて綺麗な虹のアーチが見られました。

続きを読む 0 コメント

2011年

11月

20日

回忌法要

今日は伯父の33回忌法要で、寺に行きその後某料亭で会食を持ちました。関係者が30人ほどが集まり、67歳でなくなった伯父を偲びました。よく私に海軍での生活について語ってくれました。戦後は雑貨商を営んでおられましたが、海での生活は忘れられないようでした。お子さん、お孫さん、ひ孫さん大勢に囲まれてきっとお話したかったろうと思いました。

写真は料亭からの帰りに撮った祖父の名の入った石柱です。

0 コメント

2011年

11月

05日

文化財建造物保存活用公開セミナー

 清水寺の貫主 森清範氏の「1200年の清水寺」というお話の後、裏山で檜皮採取実演見学会に参加して来ました。貫主の話では、清水寺に納められている絵馬に長谷川等伯の息子久蔵のがあり、26歳で亡くなる前年の作であり、大切にされているエピソードを聞きました。見学会では、神社や寺院の屋根を葺いている檜の皮を木本体を傷めないよう、熟練の技術で採取されていることが分かりました。檜皮葺というのは日本独特の屋根の葺き方だそうです。

0 コメント

2011年

10月

26日

秋の文化財特別公開大徳寺孤篷庵へ

 今年も秋の非公開文化財の特別公開がはじまり、初めて大徳寺の孤篷庵に行きました。江戸幕府の役人であった小堀遠州 が退職後隠居するためにつくられたと思われる庵に行きました。残念ながら写真撮影が全て禁止のため今年も門前の写真だけですみません。

0 コメント

2011年

10月

23日

シュウカイドウの花が今年も咲きました

 何時の頃だったでしょうか?少なくとも私が小学校3年生(押し花にして学校に提出した記憶があるので)より以前の頃だったと思います。私がどこかで貰ってきた記憶があります。以来毎年律儀に咲き、一時我家の庭の4分の1ぐらい群生した時期もありましたが、昨年庭を整備した時ほとんど抜いてしまいました。でも今年も芽が出て遠慮気に一輪咲きました。あの時のシュウカイドウは命を伝えているのです。 (もう一枚写真があります。つづきを読んで下さい。)

続きを読む 0 コメント

2011年

10月

14日

ビューポイント?

 マンションの窓から何気なく見ていた、北山、西山がそれぞれ沢山、山上ケ峰であり、長岡京、平安京建設時に中軸線のひとつではないかということが分かりました。以前から関心のあった、「京都の歴史GIS」という本の中の「3次元都市モデルを用いた古代都市の景観分析」という論文で河角龍典氏が指摘されているのを読みました。氏はGISによる古代都市の3次元都市モデルで、長岡京の南北中軸線の北に沢山(標高515m)、平安京の大極殿を通る東西軸が西が山上ケ峰東が大文字山南が甘南備山、北が船岡山であることを示し「都市計画に関するあたらしい知見を獲得することができた。」と記されております。南側の甘南備山を除き4つのビューポイントが見えるのか?!ビューポイントに恵まれた環境に感謝しました。 (大文字山の後ろが沢山?)

1 コメント

2011年

10月

01日

2011年10月1日夕焼け

 今年度も半分が過ぎました。年度当初の目標もほとんど未完成のまま今日も家のなかで書類の整理やあと片付けで一日が過ぎてしまいました。ふと勉強部屋の外を眺めたら夕焼けが拡がっていました。秋の空ですね。感動を新たにしました。

 そういえば、昨日ボランテアでご一緒した、Sさんに賀茂川の水源地は桟敷ケ岳で、窓からみえるのですよと話したことを思い出しました。この地は、本当に恵まれた場所です。感謝。

0 コメント

2011年

9月

09日

今日も一日ご苦労様でした

 帰京して一週間。今週も終わりました。いつもの生活のリズムを取り戻しました。ボランテアから帰ってほっと一眠りボーとしているとお日様が衣笠山に沈んでいきました。今朝は日の出こそ見られませんでしたが、よい天気でした。一日ご苦労さんと思わず手を振りました。

0 コメント

2011年

9月

06日

やぶらんが咲いていました

 今日は台風12号も行き去り、何日ぶりかの晴れのよい天気でした。

 しおん庵を久しぶりに訪れました。

 裏庭にやぶらんの紫色のかわいい花が咲いているのを見つけました。

 杉苔と石の間から清楚な生命の息吹を感じ思わず写真を撮りました。

 風も冷たく秋を感じさせられました。

 

0 コメント

2011年

9月

03日

帰京しました

 台風12号が接近していましたが、東名名神高速道路をバスで走り昨日帰京しました。

 道路冠水による1部通行止めの区間もあり渋滞もありましたが、定刻より15分早く京都駅に到着しました。

 休憩箇所が2箇所と多少ハードな面もありましたが風雨強まる中運転手の努力により遅れずにすみました。

 充分本も読めました。感謝です。

 ところで、今も風は収まっておりません。台風は四国に上陸する模様です。

0 コメント

2011年

8月

31日

地図と測量の科学館

 昨日30日、久しぶりにつくば市にある「地図と測量の科学館」に行きました。

 ここは、国土地理院内にある地図と測量のおもしろさに出会える地図と測量に関する日本で初めての総合展示施設です。展示館と「地球ひろば」(屋外施設)から成り立っています。

 詳しくはHP http://www.gsi.go.jp/MUSEUM/を見て下さい。

 写真は展示館の展示室からの眺望です。昔測量に使われた「高てん標」や航空測量に活躍した測量用航空機「くにかぜ」そして3.11震災でも活躍している32mの巨大パラボラアンテナ(VLBI)が見えます。

0 コメント

2011年

8月

30日

いつもの散歩道

 いつもの散歩道を今回の帰省時も歩いています。もう10年近くになります。

 自宅からこの公園の目標点まで往復するとほぼ1万歩になります。

 昨日も歩きました。

 夕日に映える円柱状の彫刻物は街の発展の象徴だそうです。

 思えばこの彫刻が作成されたこの頃のこの地の勢いは相当のものがありました。

 その頃の力強さを象徴しているように思えます。

0 コメント

2011年

8月

29日

昨日は娘の結婚式でした

 昨日28日は娘の結婚式でした。

 さわやかな青空の下、大変メルヘンティクな建物を借り切って行われました。

 結婚式に続いて、心温まる披露宴が持たれました。

 大勢の友達、上司、同僚達の祝福を受け、式は終了しました。

0 コメント

2011年

8月

24日

東京スカイツリー

 今日は久しぶりに友達と上野で食事をし、来年5月オープン予定のスカイツリー見学に行きました。

 隅田川の岸辺で眺めた写真です。いろいろ思い出のあるアサヒビールのビル、首都高速6号線(向島線)と一緒に収まりました。

 とても天気がよかったので、ついでに浅草から隅田川ライン下りをしました。

 大川端リバーシテイ21、晴海やレインボーブリッジを見ながら日の出桟橋までクルーズを楽しみました。

0 コメント

2011年

8月

21日

夏休み帰省?

 一昨日雨の高速道路をバスで走り、茨城の自宅に夏休みのため?戻りました。今回は初めてバスの弱点を知らされました。というのも東京到着が2時間半近くも雨渋滞のため遅れたからです。遅れたのは初めてです。新幹線なら京都と東京の片道の時間です。でも私は、バスの方が好きです。今まで恐らく200回近く新幹線に乗車したと思いますが、早く着くというメリット以外余り好きではありません。たった2時間半の間ですが、その間に車掌や乗客が何度も行ったり来たり落ち着かないのです。その点バスは途中で3度ほど休憩時間がとられサービスエリア内を歩き回れます。昼間のバスは気持ちがいいです。私は早く予約するため、いつも前の席で2人座席を1人でこれまで使わせてもらいました。充分に読書できる静かな環境にあり読みたいと思っていた本が読めます。そしてなにより、料金が安い。時間は新幹線の3倍かかりますが、値段も3分の1です。時間のあるリタイアー族にはお勧めです。

0 コメント

2011年

8月

16日

大文字五山の送り火

  隣のビルが無くなって初めて迎えた8月16日です。椅子に腰掛け、自宅からやって来た家族と共に送りました。写真3枚はそれぞれ如意が岳の大、船山の船形、大文字山の左大文字です。今年は椅子に腰掛けたままデジカメのアップで撮ってみました。少し小さいですがそれなりに撮ることが出来ました。3枚見て下さい。

続きを読む 0 コメント

2011年

8月

13日

やはり昨日でした

 8月13日18時28分 愛宕山山頂の少し南側にお日様が沈んでいきました。

 やはり昨日が頂上に沈む日だったようです。

 アップすれば日輪も少し見えます。

0 コメント

2011年

8月

12日

今日でした

 写真機の性能がもう少しよければ恐らく日輪がわかっていただけるのではと思いますが・・

残念ながら愛宕山の頂上に沈むお日様の姿がハッキリ見えません。雲のせいもありますが・。

8月12日がその日なのかということが確認できました。

 当然日の出が南北を動くのと同様日の入も南北に動きます。そしてその間に比叡山と愛宕山があれば、1年に2回は頂上から昇り頂上に沈む日があります。

 今日が年4回のうちのその1日でした。

0 コメント

2011年

8月

11日

またまた虹です

 8月11日16時52分船岡山の麓から大文字山の東山にかけて大きな虹が出ました。

 残念ながら途中で切れていますが両側には、微かに虹のアーチのはしが見えました。

 連日35度を越える暑さに多少お湿りがあったという感じです。

 今年は4度目です。ゲリラ豪雨等少し異常気象が続いています。

0 コメント

2011年

8月

06日

今回は京都駅前でした

 中高校の同窓会は毎年夏の行事として恒例になっており、京都に戻ってからは毎年参加しております。

 卒業生も1万を超えていることもあり、400名を越える人が一同に会しました。

 はじめに、同窓生の1時間半に渡る講演があり、懇親会が始まりました。

 1年のご無沙汰という感じで、特別の感傷はありませんでしたが、やはり何年ぶりかの方に会うととてもなつかしかったです。

0 コメント

2011年

8月

05日

立命館大国際平和ミユージアムへ行きました

 昨年京都府立総合資料館で見つかった戦前に作られた京都市内の住宅地図に基づき作成された建物疎開対象地域の地図が展示されているということで今日「戦争展」に出かけました。

 本土空襲が本格化した1944年7月から京都で建物疎開が始まり終戦の日まで続きました。

現在整備されている堀川、御池、五条の通りはこの御蔭つまり犠牲の下に出来ました。

 強制的に1万戸を越える住宅・商店・事務所等の建物が極短期間で立ち退きさせられたわけです。 祖母、母からその時の悲惨な事情をよくきかされました。

 本籍地の地番を住宅地図で確認しました。

0 コメント

2011年

8月

03日

ボランテア解説員の楽しみ

 写真は私がボランテアをしている京都市平安京創生館の玄関前の「平安京造酒司倉庫跡」の倉庫の柱位置を示すタイル張りの床です。京都市の史跡に指定されています。

 今日は夏休みのためか、子供達を連れたお母さんや学生さん等大勢の方がお見えになりました。

 その中にお話した方で、自分と何か共有できることを確かめあえるのは本当に楽しいことです。

 特に今日は、京都が大好きでこれまでに東京から何10回と京都に来ておられるという方と私の住んでいる茨城の同じ市の方が偶然お見えになりとても親しみを感じお話をすることができました。

 こうした交流はボランテア解説員をしているおかげの副次的な楽しみです。

0 コメント

2011年

7月

31日

今年3度目の虹です

 見えているでしょうか?分かりますか?

 船岡山の麓から、かすかに比叡山の前にかかる虹です。

 こちらの方は雨が全然降っていないのに東の方では相当降ったようです。

 3山に囲まれた京都盆地30,000haの中でも雨の降りよう随分違うようです。

1 コメント

2011年

7月

30日

充分京都駅から歩けました

 今日は京都駅八条口にある新都ホテルで暑気払いをしました。

 2時間を優に越え楽しい時間を過ごしました。バイキング形式でしたが、やはりホテルのレストランだけありそれなりの食べ物で充実しておりました。

 解散後は、歩いて帰ることを宣言し約2時間(途中買い物含み)ぐらいで自宅に着きました。万歩計も1万2千歩を越えていましたが気持ちよく歩けました。感謝。

0 コメント

2011年

7月

24日

京都駅発の最終バスでした

 今日は一年一回の英会話学校のビアパーテイでした。

 6時半開始でした。たまたま同じクラスの方と京都駅で出くわしビヤガーデンまで一緒することが出来ました。

 9時半過ぎまで先生達とも過ごし終了後喫茶店に入りそれからまた1時間いろんなお話を聞き解散しました。

 運よく最終バスに乗れました。

 終了というテロップの写真は撮れませんでした。座席からとった写真です。

0 コメント

2011年

7月

24日

同窓会の写真を手渡し出来ました

 7月23日50周年記念合同クラス会時の全体集合写真が出来たので、クラスメートに手渡すべく、昨年同様三条通りのお店に集合しました。

 同窓会に対する素直な意見や昔の思い出話に花が咲きあっというまに時間がたち帰宅したのは深夜になってしまいました。

 1人1人が同地域を同時代を共有し生き、生きている貴重な友人であることを再確認しあえました。またお会いしましよう。

0 コメント

2011年

7月

20日

紫野しおん庵図書

 とても貧弱ですが、帳場に紫野しおん庵図書を本立てと共に置いてみました。

 特製の蔵書印も作り押しました。HPにも新たな項目として、参考情報の項目を作成しました。その中に「紫野しおん庵図書」と「京都の新聞記事」という小項目に分けてみました。どこまで参考になるかはわかりませんが関心を持っていただければ幸いです。

0 コメント

2011年

7月

17日

なんだか解りますか?

 なんだか解りますか?船岡山を歩いていて何日も前に発見したものです。何か綺麗なレースのごとき布をまとい、ネックレースのようなものが木にかけてあります。はじめは、神木に係るお飾りのようなものかと思っておりました。しかしそのような木がドンドン増えようやく解りました。 (つづきを読んで下さい。)

続きを読む 1 コメント

2011年

7月

15日

紫野しおん庵のためのような本

 紫野しおん庵のために書かれたような(言いすぎですが!)本が出版され2冊購入しました。

「平安京跡周辺を訪ねて」(京都歴史散策マップNO1)編集京都渡来人文化ネットワーク会議・発行京都創文社800円です。しおん庵から充分に歩いて行ける範囲内の各種史跡が写真入で解説され、なによりA1サイズマップが素晴らしいです。残念ながらしおん庵の位置は表示されていないですが、しおん庵から歩ける範囲内の史跡や石碑・説明板の位置関係が明示され便利です。紫野しおん庵図書第1号として宿に置くことにしました。

0 コメント

2011年

7月

14日

初めて安心してサッカーを見ました

 今朝は3時過ぎから、女子サッカーのワールドカップ準決勝対スウーデン戦の生中継を完全に見ました。女子サッカーを完全に見るのは初めてですが、これほど(男子と違い)安心してサッカーが見られたのも初めてです。チームワークの良さというのでしょうか、ほとんど日本の選手の間でボールがまわっていて、3本のシュートも素晴らしいものがありました。感動を感謝します。

0 コメント

2011年

7月

13日

京都市歴史資料館へ

 京都市歴史資料館へ資料取得に行きました。 貴重な資料が得られました。後日分析の結果をまとめたいと思います。資料館の人たちはとても親切で、ここにいれば一日楽しめるなあと思いました。当該地は御所の寺町荒神口にありますが、周りはとても静かなところです。桔梗が最盛期という掲示に、廬山寺に入りました。写真は、廬山寺の従前には、紫式部が源氏物語を執筆した屋敷があったことを記した石碑と桔梗です。源氏の庭と呼ばれています。

0 コメント

2011年

7月

12日

今日も虹です

  7月12日英会話学校で1年半近く一緒に学んでいたT氏が故あって、工場指導のためマニラに行かれることになり、同じクラスメイトで送別会をしました。定年後ゆっくりした生活をしたいと常々言われていました。でもどうしても人がほしいということのようです。この間学んだ英語を生かすチャンスでもあり、学校以上の成果があるのではないかと思います。4時から飲み始め会終了後、ビル地下にある某居酒屋から、7時頃地上にでた瞬間今日も虹が見られ皆で思わず声を上げました。T氏の前途を祝福しているように思えました。お元気で。

0 コメント

2011年

7月

11日

夕方虹を見つけました

 午前中から30度を越える暑さが続いています。午後から出かける予定をしていたところが、電話で事足りたため、草取りと水撒きにしおん庵に出かけ緑を楽しみました。夕方から急に暗くなり、雷の音が聞こえこれは夕立かと窓を閉めて、ひそやかに涼しくなることを期待をしました。しかし、音だけに終わりました。がっかりして窓を開けたら、遠く稲荷山の山頂の方でしょか虹が出ていて嬉しくなりました。やはり降ることは降ったようです。

0 コメント

2011年

7月

10日

京カレッジの前期が終わりました

大学コンソーシアム京都主催の「京都学講座」「京のみちあるき」の前期分6回が終わり夏休みに入りました。後期は10月からということです。この講座は「道路・鉄路・水路」に焦点をあて、時間軸で 辿る道・道の歴史・地域の歴史的視点などから”京都らしさ”を明らかにし、その魅力を紐解くということで、京都を中心にする第1線の先生方による専門分野の講義でした。各回それぞれに、新しい発見がありました。大学の街京都の駅前にふさわしいキャンパスプラザに通うのも新鮮です。

0 コメント

2011年

7月

09日

やはり私は手前味噌が好きです

 昨日植物園まで出かけ、NO1ビューポイントの写真を撮りましたが、手前味噌ですが、こちらの方が好きです。今日は、「古文書セミナー」で「東山名勝図会」を読み、神仏混合の江戸時代の祇園社について学び、同窓会の発起人会の打ち上げに参加しました。30度を越える暑さを忘れていました。

0 コメント

2011年

7月

08日

早速確かめに行きました

続きを読む 1 コメント

2011年

7月

05日

「是より洛中」標石写真撮りました

 英会話学校の帰り、運よく仁和小学校に入ることが出来「是より洛中荷馬口付のもの乗へからす」と刻まれた花崗岩石柱の写真を校長先生の了解を得て撮影しました。

  この標石について、まだそんなに注目されていませんが、私は現在もっと注目されてもいい大事なものだと思います。

 というのは、この標石は、京都の町を御土居掘りで囲み、洛中と洛外を分けたとき 馬に乗って洛中に入ってくれば、馬が暴れたりして通行人に迷惑だから、馬を制御しなさいという一種の道路標識だからです。どこまで配慮されていたかは分かりません。しかし、街中を都市を通行する乗り物としての馬。今なら自動車でしょうか!

洛中と洛外での使用に制限をつけた。つけようとした心意気をあらわすものとした高く評価したいのです。

 ロンドンでは、渋滞税というのがあるらしいので最近片野優著「ここが違うヨーロッパの交通政策」を買い調べてみました。700台の監視カメラでチェックをしているそうです。

 京都の街にも必要とされる日が近づいているのではないか!(もとより導入は困難なのでしょうが・・)

 その先駆的 試みの標石か?とも思います。

0 コメント

2011年

7月

04日

研修会等に行きました

 平安京創生館のボランテア解説員を対象とする研修会及び情報交換会が開催され参加してきました。今回新しく「源氏物語」「紅葉賀」から桐壺帝の朱雀院行幸~源氏の君と頭中将による青海波~の場面の人形が展示されました。

 持ち主である、F博物館の解説員の方から、とても詳しいお話をお聞きしました。

 その後情報交換会が行われ、いかに平安京創生館のPRを行うか、認知度を高めるかについて意見が出されました。

 京都を学ぶ最も基礎的な場所として小学生や中学生そして修学旅行生に働きかけるべきだと私も思いました。

0 コメント

2011年

7月

01日

京の地図学者森幸安の地図展示

 私が解説ボランテアをさせていただいている平安京創生館の限られた展示スペースを活用して2ヶ月に1回ぐらいの割りで企画展示が行われています。

 今回は、江戸時代の京都の地図学者森幸安が書いた当時の京都の都市図及びそれ以前の14cから15cにかけての京都の地図が展示してあります。

 私はそれぞれの時代の金閣寺と出雲橋を結ぶ道現在の鞍馬口通りですがそれがどう描かれているか?特に紙屋川に架かる橋の位置に注目しています。

 創生館には今日も多くのお客がきてくださり、静岡県からこられた京都通の方が熱心にお話を聞いて下さいました。感謝です。

0 コメント

2011年

6月

30日

担当教授との面談を終えました

10号館よりの風景
10号館よりの風景

 京都検定1級合格者の特典として与えられる応募資格に京都産業大学日本文化研究所の特別客員研究員という制度があります。担当していただく教授が決まり今日面談に行き早速書物をお借りしてきました。ともかくこれから1年目標2に掲げた京都景観創生の1項目としてのゴールデンロードプロジェクトの第1歩として、鞍馬口通りの史的研究を始めます。

0 コメント

2011年

6月

26日

3年越しの同窓会も終わりました

 定年退職して、京都に40年ぶりに住み始めたころ、京都新聞の「旧交歓談」という記事に私の小学校の5年先輩の方が卒業50年を機会に同窓会を始めたと書かれてあった。

 自分達も2年後小学校を卒業して50年になるから同窓会をやりたいなあという思いから、いろんな方のネットワークを通じようやく昨日開催することが出来ました。

 会には、76名が参加してくださいました。

 50年ぶりにお会いする人がほとんどでしたが、同じクラスの方は全て思い出せました。でも他のクラスの人は、なんとなく昔の姿が思い出される方も何人かおられましたがやはり思い出すのは難しかったです。

 80才を越え、なおお元気な先生方3名もお招きすることが出来ました。

 昔の話や今遭遇している問題等を語り会いました。

 2次会は同級生の女性が経営しているお店へ行きました。

続きを読む 0 コメント

2011年

6月

06日

ブローグを始めて1年がたちました

 友達にHPを作成したいという方がおられ、参考にと私のHPのことを説明しようとアクセス数を調べてみましたら、この1年で延べ1226人の方がご覧になっていただいていたことが分かりました。どちらの方がご覧いただいているのかまで分からないのが残念ですが感謝の限りです。 ありがとうございます。

 当初コメントをいただいた方に、メールで下さいとコメント拒否のようなことをしてしまったので全然コメントがその後ありません。

 というのも、所謂一般開放的なブローグだとおかしなコメントが書き込まれ毎回消すのが大変だった記憶があるからです。それで、限定的にHPの存在をお知らせして、顔の見えるブローグにしています。(私のことを知っておられる方が見てくださっていると思います。)本当にうれしい限りです。

 何かの縁で、あるとき出合えたあなたと私 一期一会なのですがそれでも時にはあいつ何してるのかなと思い出していただける人がこの世に何人かおられたらそれだけで満足です。

 亡き母は、思い出となる物を何点か残していってくれました。それは、紫野しおん庵にも離れにもマンション等にもあります。ふっと母のことを思い出し幸せな気持ちになれます。

 やはり、一緒に生きた生活した喜びは、人生を生きる原点になっていると思います。

 私のつたない文章をご覧になって、昔の私を思い出していただきほっと和んでいただければ、寛いでいただければ幸いです。

 

2 コメント

2011年

5月

25日

今年はダイヤモンド比叡は駄目でした

続きを読む 0 コメント

2011年

5月

19日

ダイヤモンド比叡近し

  

 晴天の朝 ほぼ比叡山の頂上からお日様が昇ってきました。何か特殊な輝きを感じるのですが、私のデジカメでの映像では伝えられていません。もう少し力量をアップせねばと思います。

0 コメント

2011年

5月

15日

葵祭

続きを読む 0 コメント

2011年

2月

18日

紫野しおん庵の本体はほぼ完成

 しおん庵本体の建物はほぼ完成しました。後は、備品類の納入及び保健所の検査です。消防の検査は終了しております。 写真を掲載します。

続きを読む 0 コメント

2011年

2月

17日

久しぶりに茨城に戻ってきました

 この1週間家族の住む茨城に戻ってきました。約1年ぶりです。

 行きも帰りも高速バスを利用しました。行きは12時に京都駅を出発し、19時過ぎに東京八重洲に着きました。帰りは、東京八重洲をほぼ10時に出発し、16時30分に京都駅に着きました。

 7時間ぐらいで着くのは、第二名神を利用しているからと分かりました。バスの中から写真のような富士も撮れました。

 バス中は静かで充分本も読めました。

0 コメント

2011年

1月

26日

見通しがつきました

 少し遅れ気味の進捗でしたが、ほぼ旅館業法等の許可の見通しもつきました。建物の改修もほぼ進み、後は建具、畳等設備、備品等の搬入、そして庭の改修を待つばかりです。4月はじめにはオープン出来そうです。

 また、この間勉強してきた京都検定1級の結果が,本日到着しました。なんとか、9割の点数を越え合格することが出来ました。

 今年は、定年4年目を迎え新たな飛躍の年となりそうです。

0 コメント

2011年

1月

16日

全国都道府県対抗女子駅伝

1月16日早朝は、小雪がまだ降りやまず道路は真っ白でした。今日は駅伝があるのに大丈夫かなと心配しておりました。

 しかし、始まる少し前から急に天気が回復し特に支障なく終了しました。

 写真は、京都の福士選手が最終区間を2位と大分差をつけ走っているところです。

 往路の応援は止めましたが、復路はなんとか応援出来ました。

 寒い中関係者の努力に脱帽します。

 結果は京都が2年ぶり14回目の優勝でした。

0 コメント

2011年

1月

15日

平城宮東院庭園

1月15日秋から始まった「庭園学習講座」の現地実習ということで、奈良へ行きました。もともとこの庭園は発掘の成果により再現されたものです。写真は東院庭園を後ろから見た写真です。正面に見える石の塊は、平城旧跡を発掘したときほぼ全て出てきた石だそうです。しかも、正倉院の宝物「仮山」と呼ばれる木でつくられた宝物と酷似しているそうです。奈良時代の庭園の姿を知る上での貴重な場所です。でも寒かったです。

0 コメント

2011年

1月

09日

北山の名は桟敷ケ岳?

 マンションの北側遠くに見える北山。

 最初は地図位置から、貴船山と思っておりましたが、どうも違うようなのです。

 船岡山に隠れて貴船山は見えないようです。

 896mの桟敷ケ岳が正解のようです。

 今年の目標の一つとして、京都3山を歩く京都一周トレイル70kmウオーキングに挑戦したいと思います。 http://kaiwai.city.kyoto.jp/raku/kanko_top/kyoto_trail.html

0 コメント

2011年

1月

01日

雪の元旦

     雪の愛宕山を望む         雪の比叡山

続きを読む 0 コメント

2010年

12月

31日

大晦日の雪

 今朝は朝から全国的に大雪に見舞われているようで京都でも雪が降りました。

 正確には紅白歌合戦が放映されている現在も降り続いております。

 正月帰省で戻ってきた娘はこの雪の中近くの金閣寺に出かけ写真を撮ってきてくれましたのでアップします。

 私はコタツで本を読んで過ごしました。

0 コメント

2010年

12月

26日

全国高校女子駅伝

続きを読む 0 コメント

2010年

12月

08日

ようやくマンション改修工事の足場がとれました

続きを読む 0 コメント

2010年

12月

06日

昭和四年六月一日付け大阪毎日新聞が壁に

 12月6日 紫野しおん庵本体工事のため押入れの板壁を部分的にはがしたところ、大阪毎日新聞が土壁に貼ってあるのが発見されました。

 新聞の日付が昭和四年六月一日と記されております。確か、その頃建設されたと聞いていました。やはり、正しかったとほぼ確信しました。

 築80年は越えているのではないかと思います。

 戦前にしては色っぽい化粧品の広告ですね。

0 コメント

2010年

12月

01日

船岡東通りの美装工事が進んでいます

続きを読む 0 コメント

2010年

11月

24日

鳥羽離宮跡見学会

11月24日 今日は平安京案内ボラを対象とした、鳥羽離宮跡の見学会に参加しました。地下鉄竹田駅から徒歩5分ほどの安楽寿院に集合し、およそ千年前のニュータウン鳥羽離宮(約100haぐらい)の跡を見学しました。長宗先生(埋蔵文化財センターで実際調査をしてこられた方)の案内でいろいろなことを学びました。

現状は名神高速道路の京都南インターや京都高速道路の油小路線、京阪国道、新城南宮道等が交差し京都大阪間の交通結節点というところです。

千年前も交通の要所としての役割は同じだったようです。もっとも車でなく船でしょうが、大阪から淀川を登り船が着き鳥羽の作り道を北上し平安京の羅城門に着くという感じでしょうか?そこに白河、鳥羽天皇等が御所と御堂を併せ壮大な離宮を建設したということです。

 高速道路上の車を見てもなかなか想像がつきませんが、公園や掘り出された地蔵尊や残された寺院や天皇陵からなんとか思いをはせました。

 そもそも、埋蔵物の調査は名神高速道路が着工された昭和30年代当時はほとんど無視されていたようで、昭和50年代になってようやく本格化したようです。それでも史跡に指定されたところはわずかでそのまま建物が建ち道路が走っています。

 写真は現在ホテル(モーテル)街になっている場所にあった、金剛心院の跡地から出土した庭石を安楽寿院で復元した滝組と遣水の庭園です。

 この不自然さがなんとなく感動を与えてくれました。

0 コメント

2010年

11月

23日

御土居を巡りました

続きを読む 0 コメント

2010年

11月

20日

東山トレイルへ

 11月20日9時30分地下鉄東西線蹴上駅に「ささやかな勉強会」仲間が集合し東山トレイルのコースを中心に大文字山の火口を目指しました。

 疎水のインクラインや日向大神宮をとおり大文字山山頂に到達。京都の市街地を一望することが出来ました。

 さらに8月16日に行われる大文字送り火の火口に着きました。今日は快晴で土曜日とあり何人もの人でごった返しており、残念ながらゆっくりと休める状況ではありませんでした。

 急な山道を降り、銀閣寺の裏道をとおり、大勢の観光客で溢れている哲学の道を掻き分け、予約してあった白沙村荘の中にあるレストランで昼食をとりました。

 途中山の中で猿の親子ずれに出くわすというハプニングもありました。

 写真は銀閣寺裏の静かな小道の紅葉です。

0 コメント

2010年

11月

17日

隣のビルの空き地

 9月1日から進められていたビルの解体工事もすっかり終わり、いよいよスーパーマーケットの工事が始まりそうです。この空き地の姿も、もう少しで見られなくなるということでアップしておきます。

 土地利用の変化・変遷というものをこの数十年、数々見てきた者としても、今回のこの変化は思いもよらないハプニングでした。丁度40年前の喫茶店の座席等も思い出させてくれました。

 もうすっかり秋いや冬に入っている感じです。そろそろ紅葉も本番を迎えます。

19 コメント

2010年

11月

14日

聚光院に初めて入りました

 大徳寺には、24の塔頭がありますが、公開されている塔頭は、4つだけです。しかし、春と秋の非公開文化財特別公開という期間があります。この期間は、京都古文化保存協会が中心になり、非公開とされている京都の文化財が特別公開されます。普段では見られないものを見ることが出来ます。今回は18の社寺が特別公開の対象とされました。その一つに聚光院が選ばれました。この塔頭は、千利休・3千家の菩提寺であり、その家にふさわしい庭園や閑隠席という茶室があります。以前から一度入ってみたいと思っていましたが、ようやく見ることが出来ました。大変整った露地及び茶室と思いました。千利休の月命日の28日には毎月三千家交替で法要がいとなまれているそうです。

0 コメント

2010年

11月

10日

古代史講座の現地踏査に行きました

  蛇塚古墳入口         蛇塚古墳の中から

続きを読む 0 コメント

2010年

11月

01日

紫野しおん庵周辺案内

11月1日 勤務していた組織の同期のsさんが、団体旅行の帰りということで、訪ねてきてくれました。時間正確に9時にマンションまで来られ、歓談の後、船岡山、紫野しおん庵離れ、大徳寺、今宮神社、上賀茂神社と回りました。

 朝方は雨模様かつ足場等あり、マンション窓からは、3山の風景もかすんでいましたが、上賀茂神社で4時過ぎに別れたときは、天気もよくなり秋の日差しがとても心地よい感じでした。

 大徳寺では高桐院に入りました。紅葉はまだはやいという感じでした。月曜日であり、人も少なくとても落ち着いた感じでした。

 写真は上賀茂神社の楼門です。21年式年遷宮を前に、今檜皮葺の屋根の張替え工事がなされています。 蛇足ながら150万トンの檜皮が必要になり、屋根の葺き替えだけで、10億円かかるそうです。

0 コメント

2010年

10月

29日

大江能楽堂へ行きました

10月29日 忙中の閑というのでしょうか、小学校の友人からいただいた招待状で筑前琵琶の演奏会を聞きに大江能楽堂に行きました。

 京都で最古の能楽堂ということもあり、時代を感じさせられる建物でした。桟敷席ばかりの at home な雰囲気でした。

 演題は、京都を舞台にした物語で、坂本龍馬伝、大徳寺総見院での秀吉の話、熊谷直実の出家話でした。生で琵琶の演奏を聴くのは初めてでとても感動しました。

 帰りは夜道を楽しみながら歩いて帰ってきました。

0 コメント

2010年

10月

28日

隣のビルが無くなりました

続きを読む 0 コメント

2010年

10月

25日

本体の改修工事が始まりました

続きを読む 0 コメント

2010年

10月

21日

離れに移動中

 母屋から持ち出し保存する予定のものを、離れに移動しています。私のものではなく、父母が残していたものを大胆に整理した残りのものです。掛け軸が10本ありましたが、シミや汚れでなんとか3本ほどは掛けられそうです。修理の費用がかさみそうです。父が高名な先生から直筆でいただいた色紙も置いてみました。父が愛読して大事に集めていた本ももってきました。でも、まだまだ陳列には時間がかかりそうです。

3 コメント

2010年

10月

12日

離れが完成

続きを読む 0 コメント

2010年

10月

10日

奈良に行きました

 10月9日から10日にかけ昔の職場の仲間と旧交を温めました。

 あいにく小雨模様のスタートでしたが、唐招提寺、薬師寺そして夜の飲み会、翌日は平城遷都1300年記念会場を見学してきました。唐招提寺、薬師寺では、天皇・皇后両殿下が来られるという予想もしていないことがありました。

 写真は、翌日の平城旧跡第二次大極殿跡から、新築復元された第一次大極殿を望でいるところです。広々とした場所が確保されていることがわかります。

  唐招提寺での両陛下の写真を追録します。

 

続きを読む 0 コメント

2010年

10月

06日

紫苑花に会いました

 10月6日 午後とても気持ちのよいお天気でしたので、植物園を目指して歩き始めました。

 約30分ほどで賀茂川の北大路橋に着き、爽やかな比叡山を眺めつつ賀茂川沿いを少し北に入り京都府立植物園に到着。入り口でどのへんに咲いているのか確かめて宿根草園というところで見つけました。

 今丁度最盛期のようです。売店で苗を求めましたが残念ながらありませんでした。

 変わりに「しおん」の英語訳の「アスター」を求め歩いて帰りました。

0 コメント

2010年

10月

05日

整理も最終段階

  70年近くに亘り積もっていたさまざまな思い出物の処分もいよいよ大詰めに近づきました。

 ゴミ袋をどれくらい出したでしょうか?

 45リットルの袋も50枚以上使用したと思います。

 さらに電器製品の処分をはじめとして家具、布団等の有料処分、古本屋さんに古書の引き取りをお願いしたり随分時間がかかりました。

 もとより、保存したい思い出物はそれなり離れに保存することにはしていますが・・

0 コメント

2010年

10月

02日

船形が見えました

 隣のビルの解体が大分進み、三山一望できるようになりました。

 リビングの私の椅子から真正面に、大文字送り火の船形が見えます。

 少しアップして写真を撮りました。少し欠けていますが、ハッキリと見えています。

 今日は「ひと・まち交流館」へ京都市が調査した「京町家の調査報告会」を聞いてきました。改めて町家の現状を知り自分なりの役割を果たすべく再確認をしました。

0 コメント

2010年

9月

30日

少し姿が見えました

 9月30日午後 一部防音幕が取り払われ船岡山の麓が見えました。 もう少しで全体が見えるようになります。 左に少し見えているのが大きな音をたてている破砕機です。

0 コメント

2010年

9月

23日

中秋の名月

 9月23日秋分の日 夕食後ウオーキングを兼ねて外へ出ました。

 いつもの道を歩いていると、カメラを空に向けている人に出会いました。

 その方は母の知り合いのTさんというおばあさんでした。

 雲が多く今日は月は見えないだろうと思っていましたが、雲の合間よりかすかに見えました。

 Tさんは、「お月さんを写したいのに・・写らない・」と残念がっておられました。そこで、カメラを借りてパチリと撮ってあげました。大変感謝されいろいろ立ち話をしました。

 写真は自宅に戻り先ほど撮った窓からの写真です。他の季節とはどこか違った美しさを感じます。

0 コメント

2010年

9月

22日

解体工事が進みます

 防音幕がビル屋上まで張られ、バックフォーのような破砕機が活動を始めています。

 窓を閉めても相当の音が聞こえます。

 でも不思議と粉のような物が飛んでいるとも思えません。

 あと1ヶ月幕が取られる日が楽しみです。

0 コメント

2010年

9月

12日

隣のビルを横から見ると

 隣のビルを横から見るとこのように足場が組まれています。

 現在は内部の造作物を壊している音が聞こえており、これから恐らく防音シートがかけら解体工事が本格化するのでしょう。

 この位置からだと、2階建てのスーパー越しに私の部屋のベランダが真正面に見えることになります。

 なんとなく、楽しみな写真です。

0 コメント

2010年

9月

04日

隣にはスーパーが出来るようです

 9月4日 隣のビルの跡地にフレスコというスーパーが建設される旨の標識板が今日設置されました。

 京都市内には結構店舗展開されている食品中心のスーパーです。

 マンションの周りには、上千本商店街だけでなく、小規模なスーパーが3軒ほどありますがどこか満足出来るものではありませんでした。それ故少し足を伸ばし、実は、フレスコの丸太町店を週1度は利用しています。

 隣に出来るのは願ってもないことです。来年春オープンのようです。

 紫野しおん庵までも5分程度なので、宿泊のお客さんにもお薦め出来るのではないかと思います。 ラッキーです。

0 コメント

2010年

9月

01日

9月が始まりました

 9月1日日の出こそ少し雲に覆われ見られませんでしたが、今日もギラギラの太陽が昇ってきました。

 8時を過ぎるとマンション下からいろいろな音が聞こえてきました。

 そうでした、今日から解体作業と修繕のための足場の組み立てが始まるのでした。

 さっそく隣のビルの屋上には作業員さんの姿が見え、下では誘導員さんが立っておりました。

 大分にぎやかに作業が進められます。どこかに逃げなくては・・。

0 コメント

2010年

8月

31日

坪庭について

 昨日母屋の物置小屋を壊したいと業者から電話があり、了解しその跡を見にいった。

 綺麗に物置きは解体され、土壁が露出していた。なんとなく時代を感じさせられ写真をアップしてみた。坪庭のメインの松、灯篭も見えないが、反対側から見た姿も趣を感じた。

 たいした面積ではないが、この坪庭に思いを込めて整備したいと思う。

 町家にはいろんな要素が言われるが、通り庭とよぶ土間とか、火打ち天井とか、真壁構造とか、虫籠窓とかがあるが、やはり私は坪庭の役割は大きいと思う。屋内に涼しい風を呼び込み太陽の光を導くだけでなく都市生活住宅としての緑が確保されていることは町全体を考えるときとても大事な要素と思う。

 町家が壊され、建て替えられるとき、敷地が細分化され、2棟ないし3棟時には5棟もの3階建ての住宅が建てられている。しかし駐車場は確保されても庭は、緑は犠牲にされているのが現状である。

 

0 コメント

2010年

8月

28日

隣のビルその3

 少ししつこいようですが、隣のビルの写真をアップしておきます。

 実はとき同じくして、9月1日から、我がマンションも工事に入る予定になっています。 

 そのためもう2度とこのペアの組み合わせは見られないというなんとなく感傷的な気持ちにさせられるからです。

 隣のビルのオーナーは、西陣織の廃れる中で、勝ち組として成功していた人だとあるときひょんな機会で聞いた覚えがあります。

 土地利用の変更の歴史に関心のある者として、余りに身近に感じさせられる出来事です。

0 コメント

2010年

8月

27日

隣のビルその2

船岡山山頂から
船岡山山頂から

 船岡山に登りさっそく隣のビルの全景を撮りました。真中の屋上庭園のある建物です。

住宅地図で見ると昭和47年版にはなく、昭和53年版にはあるので恐らく築30年は越えているのでしょう。

 蛇足ですが、このビルが建つ前の敷地には、喫茶ワイキキがありました。

 実は、大学時代の酸っぱい思い出のある喫茶店なのです。

0 コメント

2010年

8月

25日

隣のビルが無くなる

 8月25日 一枚のチラシが郵便受けに入っていました。 近隣各位宛のおしらせでした。

 なんと!ビルを解体するので、ご迷惑をかけます。ご協力を ということだ。

 まさか、こんなに頑丈に出来ているビルがこんなに早くとり壊されるとは思ってもいま  

 せんでした。 解体工事は9月1日~10月31日ということで、11月が楽しみです。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

22日

ラジオ塔遺構ウオーク

 8月18日のお知らせ及び京都新聞記事にあった、京都府ウオーキング協会主催のラジオ塔をめぐるウオーキング(11キロ)に参加しました。

 円町駅近くの北野天満宮お旅所をスタートし、橘児童公園の塔をはじめとし、4つのラジオ塔をめぐりました。船岡山公園では、ラジオ体操を全員でしました。35度を超える猛暑の中でしたが、247名の参加者があったようです。

0 コメント

2010年

8月

16日

大文字五山の送り火

左大文字
左大文字

 8月16日8時から大文字五山の送り火が、大文字、妙法、船形、左大文字、鳥居形と

順次点火されていきました。

 毎年のこととはいえ、ほんの30分ほどの時間ですが、精霊を送る行事として欠かすことの出来ない京都の風物詩です。

 

0 コメント

2010年

8月

07日

船岡山の記念石

 今日も、船岡山をウオーキングした。暦の上では、立秋なのに名ばかりで今日も35度近い気温であった。でも、セミは立秋を知っているかのように、アブラゼミやクマゼミにまぎれて、ツクツクボウシが初めて鳴いた。数は少ないが、確かに聞こえた。やはり秋がそこまで来ているのだろう。

 ところで、写真は昭和初期に船岡山周辺を整備していた、西紫野土地区画整理組合の事業が昭和12年3月に完了したことを記念して作成された記念石である。これもいつものウオーキングコースで目にする昭和の記念物である。

 

0 コメント

2010年

8月

06日

8月6日

平和への光(堀川京の七夕より)
平和への光(堀川京の七夕より)

 被爆から65年目の原爆の日である。今年もテレビで秋葉広島市長の平和宣言・こどもの平和への誓いを見た。

 今年はルース駐米大使、バンキムン国連事務総長さらに英仏も初参加し、過去最多の74カ国が参列したと報道されている。

 2020年までの核廃絶実現まで道のりはとおいが、核兵器なき世界の実現は人類の責務だと思う。

 夜も吉永小百合の原爆との出会いを中心にした番組を見た。

 唯一の被爆体験国の民としてやはりこだわり続けたい。

0 コメント

2010年

8月

05日

ラジオ塔

テレビ放送が始まったころ街頭テレビというのがあり、見に行った記憶があります。小学校に入る頃だったでしょうか?

写真はそれより20年も前に建てられたというラジオ塔です。船岡山を歩いているといつも目につきます。高さは3メートルほどですが、受信機等は外されています。

1930年頃から全国各地に建てられおよそ400基あったとされていますが、現存が確認できるのは、20基ほどだそうです。そのうち京都には、8基あり、船岡山のはその1基だそうです。昭和初期の近代化遺産ということになります。

0 コメント

2010年

8月

04日

月の光

 夜中目が覚めると、漆黒の空に幽かな光。目をこすると遠くに月の姿。

 ホーと驚いたがまだ眠いのでこのままと思った。

 でもせっかくだからとカメラを持ち出しパチリと撮った。

 午前2時35分のことである。

 あたりはシーンと静まり返り風が心地よかった。

0 コメント

2010年

8月

03日

盛夏の緑

大文字を望む
大文字を望む

連日の猛暑、大文字の送り火まであと2週間とせまってきました。そろそろ準備が始まるのかとカメラを大の字の方向に向けアップしました。大の字が草で覆われ見えにくいです。

盛夏の緑という感じです。大文字の送り火が終われば例年なら暑さも和らぐことでしょう。

今日もウオーキングで船岡山を周りましたが、そのとき以外は自宅でおとなしくしておりました。

0 コメント

2010年

8月

01日

小学校クラス会

三条高瀬川の橋のほとり
三条高瀬川の橋のほとり

 紫野小学校6年3組のクラス会を実施しました。どういうわけか今年もここ高瀬川の畔になりました。

 当初6人でしたがサプライズで、予約してない方が見え7人で盛り上がりました。

 この50年近くの日々皆さん各立場、境遇、運不運いろいろあったと思いますが、ここまで生きてこられました。この地球上に生まれ、こうして再度お話が出来ること、なんということでしょうか、奇蹟といわざるを得ません。感謝。

0 コメント

2010年

7月

31日

温故知新

ウエステン都ホテル入り口
ウエステン都ホテル入り口

今日は中高校時の学校の同窓会が、ホテルで開催され出席して来ました。。1年に1回とはいえ、やはり昔教えていただいた恩師や同級生先輩等が一同に会しまさに温故知新の言葉通り、しばし歓談、交流の時を過ごしました。同級生のH大教授が某女子大で教えていた女性が、同じ中高の後輩と結婚し偶然この会で会するというサプライズもあり夜が更けるまで楽しい時間を過ごすことができ感謝の限りです。

0 コメント

2010年

7月

30日

平安京ボランテア(7月30日)

京都アスニー前
京都アスニー前

 今日は、朝から平安京ボランテアに行きました。

たまたま、夏休み中の登校日に課外学習ということで、G小学校の3年生が先生と一緒にやってきました。大変にぎやかで、子供達の目が輝いているのが印象的でした。私は、土の中に古い歴史が埋もれていることを土層を示して理解してもらおうと説明しました。話は熱心に聞いてくれましたが・・・さて何処までわかってくれただしょうか?

 写真は平安京創生館のある京都市生涯学習センター(通称「京都アスニー」)の前です。立て札と石柱は、この場所が国の史跡に指定されていることを示しています。玄関の前の円い輪と四角は、倉庫の柱跡を示しています。実はこの場所は1200年前、大内裏の中にあり、造酒司がおかれており、そこの酒樽倉庫の柱跡だということです。

0 コメント

2010年

7月

29日

ニッポン公共事業物語の1シーン

テレビの1シーン(平安京の道路と現在の道路の整合場所)
テレビの1シーン(平安京の道路と現在の道路の整合場所)

 今日は朝から雨で、外に出るのが億劫でした。以前NHK教育テレビで放送された「ニッポン公共事業物語」の1シーンがとても気にかかっていたので、今日はチャンスと確かめることにしました。埋蔵物の調査をしたとき出てきた道路跡を復元したら現在の道路と整合していることが確かめられたということです。この場所がどこなのかしりたかったのです。

 テレビに出ておられた方に直接お聞きすることが出来ました。蛸薬師通りと後院通りが接続するところだそうです。なんとなくスッキリした雨の日でした。夕方はいつものように船岡山を歩けました。多少雨も残りましたが・・

0 コメント

2010年

7月

28日

謎の渡来人 秦氏

京都新聞文化センターへ
京都新聞文化センターへ

 7月28日午後京都新聞文化センターへ自転車で出かけました。今年の4月~9月まで全10回に亘り標記の題で、水谷千秋という大学の先生が講義をしておられます。

 私は、平安京の建設における先住民である秦氏の役割、船岡山にある秦氏の残照の二点から、大変興味を感じ受講しております。今日は第7回で、摂津・河内の秦氏ということで、現大阪府池田市、寝屋川市にある秦氏の5世紀~6世紀に掛けての古墳群についての最近の研究成果を学びました。

 私は特に「秦氏と妙見信仰」について興味を持ちました。「妙見信仰」は星の信仰であり、船乗り等水上交通に携わる人達がもっていたと考えられています。実は船岡山の山腹に妙見社址というのが残されておりさてどう結びつくのか今後の研究課題です・・。

0 コメント

2010年

7月

27日

昨年の夏

龍安寺門前
龍安寺門前

  昨年の夏は、龍安寺の拝観受付の前で、案内ボランテアをしていたことを思い出しました。基本は、本堂の屋根の葺き替え工事のため、足場等が組まれ景観に支障をきたしている状況を写真等であらかじめ見せて了解ならば拝観していただくという簡単な案内であった。工事中かつ昨年は新型インフルエンザ騒動もあり、担当した日も平日であった。

しかし、暑い中でも毎回数百人の拝観者があった。

団体客や修学旅行生や外人ツアー客等人で溢れていた。それに比較し大徳寺のお客の少なさはどういうことだろ?と思う。

歴史的にも大徳寺の方が古いし、伽藍の大きさや国宝の多さ、寺格等もはるかに上なのに・・・。

 やはり、世界文化遺産というレッテルがこんなにも偉大なのかとつくづくと思います。

0 コメント

2010年

7月

26日

ニイニイゼミ見つけたよ

木の肌色と見分けが付かないニイニイゼミ
木の肌色と見分けが付かないニイニイゼミ

 テレビを見ていて、最近特に都心にはクマゼミが多く生息し、アブラゼミは少なくなっていると報じていた。大阪市内では7割近くが、クマゼミだそうです。アブラゼミと比べ動きがよく、天敵から身を守れる鋭さがあるようです。

 幼い日、船岡山では、丁度夏休みに入る前後にニイニイゼミが鳴き始め、アブラゼミ、クマゼミ、カナカナゼミ、ツクツクボウシの順番で鳴き、夏休みが終わったように思います。ニイニイゼミやアブラゼミはそういえば楽に捕らえられたが、クマゼミは捕らえるのが難しいかったなあと、そのようなことを思い出しながら、セミの声を注意深く聞きながら船岡山を歩きました。船岡山では、アブラゼミの声が他を圧倒していると思いましたが、ニイニイゼミ、アブラゼミ、クマゼミ、カナカナゼミの声が共鳴しており、盛夏の感がしました。

 そして、目を凝らして声の方向を観察すると、ニイニイゼミが見つかりました。写真のシャッターを切っても逃げることなく鳴いていました。どこにいるか分かりますか?

続きを読む 0 コメント

2010年

7月

25日

やはり参加者はおられませんでした

利休の像、等伯の天人像が2階にあります
利休の像、等伯の天人像が2階にあります

 今日は、JTBボラの2回目でした。連日35度を超える京都に、大徳寺に来られる方はおられないようでした。9時前から9時45分まで待ち、一旦自宅に戻った後今度は、今宮神社門前で、11時前から11時30分ころまで待ちましたが、まばらな人出で、JTBのお客さんはおられませんでした。仕方ないと、私の好きな金毛閣の写真をとって帰りました。

0 コメント