ニイニイゼミ見つけたよ

木の肌色と見分けが付かないニイニイゼミ
木の肌色と見分けが付かないニイニイゼミ

 テレビを見ていて、最近特に都心にはクマゼミが多く生息し、アブラゼミは少なくなっていると報じていた。大阪市内では7割近くが、クマゼミだそうです。アブラゼミと比べ動きがよく、天敵から身を守れる鋭さがあるようです。

 幼い日、船岡山では、丁度夏休みに入る前後にニイニイゼミが鳴き始め、アブラゼミ、クマゼミ、カナカナゼミ、ツクツクボウシの順番で鳴き、夏休みが終わったように思います。ニイニイゼミやアブラゼミはそういえば楽に捕らえられたが、クマゼミは捕らえるのが難しいかったなあと、そのようなことを思い出しながら、セミの声を注意深く聞きながら船岡山を歩きました。船岡山では、アブラゼミの声が他を圧倒していると思いましたが、ニイニイゼミ、アブラゼミ、クマゼミ、カナカナゼミの声が共鳴しており、盛夏の感がしました。

 そして、目を凝らして声の方向を観察すると、ニイニイゼミが見つかりました。写真のシャッターを切っても逃げることなく鳴いていました。どこにいるか分かりますか?

僕も分かるかなアブラゼミ
僕も分かるかなアブラゼミ