ラジオ塔

テレビ放送が始まったころ街頭テレビというのがあり、見に行った記憶があります。小学校に入る頃だったでしょうか?

写真はそれより20年も前に建てられたというラジオ塔です。船岡山を歩いているといつも目につきます。高さは3メートルほどですが、受信機等は外されています。

1930年頃から全国各地に建てられおよそ400基あったとされていますが、現存が確認できるのは、20基ほどだそうです。そのうち京都には、8基あり、船岡山のはその1基だそうです。昭和初期の近代化遺産ということになります。