坪庭について

 昨日母屋の物置小屋を壊したいと業者から電話があり、了解しその跡を見にいった。

 綺麗に物置きは解体され、土壁が露出していた。なんとなく時代を感じさせられ写真をアップしてみた。坪庭のメインの松、灯篭も見えないが、反対側から見た姿も趣を感じた。

 たいした面積ではないが、この坪庭に思いを込めて整備したいと思う。

 町家にはいろんな要素が言われるが、通り庭とよぶ土間とか、火打ち天井とか、真壁構造とか、虫籠窓とかがあるが、やはり私は坪庭の役割は大きいと思う。屋内に涼しい風を呼び込み太陽の光を導くだけでなく都市生活住宅としての緑が確保されていることは町全体を考えるときとても大事な要素と思う。

 町家が壊され、建て替えられるとき、敷地が細分化され、2棟ないし3棟時には5棟もの3階建ての住宅が建てられている。しかし駐車場は確保されても庭は、緑は犠牲にされているのが現状である。