本体の改修工事が始まりました

 本格的に改修工事が始まりました。

 左の写真は、昔懐かしいかまどの煙突跡の煤がついた壁です。今回の改修では、2階の板間の壁で一部吹き抜けが隠れてしまいます。でもガッチリ残っています。天井窓もふさいでありますが、分かります。

 右の写真は、松の梁と母屋の木そして垂木がハッキリ見えます。屋根を支えている姿がけなげで美しく思います。

 建具はなるべく残し再利用することにし、水周りは最新のものにすることにしました。

 独自性は坪庭で出したいものです。さて・・