京カレッジの前期が終わりました

大学コンソーシアム京都主催の「京都学講座」「京のみちあるき」の前期分6回が終わり夏休みに入りました。後期は10月からということです。この講座は「道路・鉄路・水路」に焦点をあて、時間軸で 辿る道・道の歴史・地域の歴史的視点などから”京都らしさ”を明らかにし、その魅力を紐解くということで、京都を中心にする第1線の先生方による専門分野の講義でした。各回それぞれに、新しい発見がありました。大学の街京都の駅前にふさわしいキャンパスプラザに通うのも新鮮です。