ボランテア解説員の楽しみ

 写真は私がボランテアをしている京都市平安京創生館の玄関前の「平安京造酒司倉庫跡」の倉庫の柱位置を示すタイル張りの床です。京都市の史跡に指定されています。

 今日は夏休みのためか、子供達を連れたお母さんや学生さん等大勢の方がお見えになりました。

 その中にお話した方で、自分と何か共有できることを確かめあえるのは本当に楽しいことです。

 特に今日は、京都が大好きでこれまでに東京から何10回と京都に来ておられるという方と私の住んでいる茨城の同じ市の方が偶然お見えになりとても親しみを感じお話をすることができました。

 こうした交流はボランテア解説員をしているおかげの副次的な楽しみです。